国家資格である柔道整復師が施術する整骨院なら、

最適なケアを¥で受けることができます。


交通事故の治療は適切なケアを受けることが非常に重要です。

現在受けているケアに不満のある方は、

ぜひ当院にご相談下さい。





 医療機関と整骨院 交通事故後のケアの違い



 神経や骨格の損傷など、重篤な損傷は医療機関(外科・整形外科)が得意とする領域です。
 MRI・CT・レントゲンで画像診断し、必要な場合は外科的処置(手術)を施します。

 整骨院が得意とする領域は、むちうち(頸椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・捻挫・打撲・肉離れ
 といった、MRI・レントゲンに写らない軟部組織の損傷です。

 これらの症状はMRI・レントゲンの精密検査には写らないために異常が見つからず、
 患部は損傷を受けているのに医療機関では必要なケアを受けられない事が多いようです。

 当院では問診・視診・触診で身体の痛みの原因を探して、手技療法で治癒能力を高めます。
 医療機関(整形外科・病院)で異常なしと診断されたのに痛みがあるという場合には、ぜひ
 当院にご相談下さい。



 交通事故直後から通院・施術、治癒までのながれ



 1.医療機関(病院・整形外科)で検査を受けて診断書をもらう

 2.医療機関・保険会社に整骨院での施術を希望する

 3.通院と施術


   



 1.医療機関(病院・整形外科)で診断・検査を受けて診断書をもらう 



 少しでも痛み・しびれ・違和感などの症状のある部分はMRIかレントゲンを撮ってもらう
 ように医師に相談しましょう。
 事故に遭うまではなかった、頭痛・めまい・体の気だるさなどの症状も必ず相談するように
 しましょう。
 症状を医師に伝えて診断書にしてもらわないと保険会社に事故による障害として認められず
 保証を受けられないことがあります。

 事故直後は痛みなどの自覚症状が出ないことがあるので注意が必要です。
 むちうちなどは事故後数日〜数週間くらい経ってから症状が出るケースもありますので、
 その場合も必ず医療機関で医師の検査を受け、診断書をもらうようにしましょう。



 2.医療機関・保険会社に整骨院での施術を希望する



 ・仕事の都合で診察時間内に通院できない
 ・待ち時間が長いので通院しにくい
 ・通院しているが痛みが治まらない
 ・ホットパックや牽引療法は治療の効果が感じられない
 ・交通事故の治療は竹松整骨院での施術が良いと友人に教えてもらった
   
 など、患者様の希望があれば医療機関での検査や湿布・痛み止めの処方を受けながら、
 並行して整骨院での施術を受けることが可能です。
 医療機関・保険会社に整骨院での施術の希望を伝えて、当院に連絡後ご来院下さい。
  
  

 3.通院と施術



 むちうち・腰痛で痛みが強い場合はなるべく続けて通院するようにしましょう。
 施術間隔が空くと、施術によって固さの取れた筋肉が次の施術日までに戻ってしまうため、
 経過が悪くなったり、治癒までに必要な期間が長くなる傾向があります。
  
 交通事故直後でも、重篤な外傷がなければ整骨院での施術が可能です。
 骨折部を固定したギプスが取れた後に必要となるリハビリも整骨院で受けられます。

 医療機関・整骨院への交通費(バス・電車・タクシーなど)も保険から支給されますので、
 利用する際は保険会社に相談し、領収書は忘れずに保管するようにしましょう。

 整骨院で施術を受けながら、月に1回医療機関(整形外科)で経過観察と診断を受ける事で
 保険会社も状況確認がし易くなり、ゆとりをもったケアが可能になります。
  


 お気軽にご相談下さい


  

 突然の交通事故。

 怪我の痛み、日常生活への支障、損害の保証など、不安な事で頭がいっぱいだと思います。
 当院は事故による身体のケアだけではなく、患者様の不安を解消するための窓口でありたい
 と考えております。

 交通事故に関するお悩み、質問等がありましたらお気軽にご相談下さい。